情と理のシンセシス

SYNTHESIS OF HUMANITY & THEORY.

経営理念Case23 株式会社大町

【経営理念】 本物のおいしさを通して日本の心に気づいてほしい 株式会社大町は"本物のおいしさ"のご縁を結び合うことを"志"とします。

本業を変化させるとき②

本業を変化させる最も良い時期は、これまでの本業が健全でキャッシュフローが十分なときですが、環境の急激な変化により、本業の転換をせざるを得なくなった場合は、どのようにすべきでしょうか。

本業を変化させるとき①

企業の平均寿命は、約30年と言われています。 東京商工リサーチの調査によると2019年の倒産企業の平均寿命は23.7年、帝国データバンクの調査によると2020年の企業の平均寿命は37.48年であり、それほど実態と乖離した数字ではありません。

戦略は、死んだ

「戦略は死んだ」 刺激的なフレーズですが、そのとおりだと思う経営者の方は多いのではないでしょうか。 なかには、何をいまさら・・・と思う経営者の方もいらっしゃるかもしれません。

コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画/冨山和彦

新型コロナウイルス感染症が再拡大しています。感染者数だけで、4月のように緊急事態宣言が発令され、休業要請が始まるかは分かりませんが、新型コロナウイルス感染者数の拡大に伴い人々の行動は自粛方向に振れると思います。 改めて、新型コロナウイルス感…

経営理念Case22 有限会社藤井牧場

【経営理念】 私たちは真心をこめた「愛情品質」を創造することで、世界中の子どもたちとそのご家族の笑顔にあふれた生活を実現します。

経営理念Case21 株式会社セイバン

【経営理念】 私たちは真心をこめた「愛情品質」を創造することで、世界中の子どもたちとそのご家族の笑顔にあふれた生活を実現します。

創造力の強化書

社会の成熟とともに、時代の変化がより速くなっています。その結果、業界によって差はあるものの一つの事業が収益を上げられる期間は短くなっています。

「経営はサイエンス」への過剰反応

経営(マネジメント)は、サイエンスか?アートか? 良く聞く問いです。その結論は、両方必要というものが多いようです。 しかしながら、この問い自体が、多くの日本企業にとって、誤っているように思います。

新型コロナウイルス対策融資と債務超過

新型コロナウイルス感染症の拡大により売上が急減し、事業の先行き、会社の先行きに不安を覚えた中小規模企業の経営者の方が多くいらっしゃると思います。 ただ、財務状況について聞くと、「これまでになく充実している」「健全になった」と言われる、少なく…