情と理のシンセシス

SYNTHESIS OF HUMANITY & THEORY.

あえて数字からおりる働き方/尾原和啓

支援先の経営者の方が「今の自分だからこそ、理解できる内容だと思う」と言って、ご紹介くださった本です。 本書のテーマは、「有り難うの意味」を忘れ、「数字のオバケ」に取りつかれやすくなった人生を自らの手に取り戻すです。 中小規模の企業の経営者の…

企業事例研究Case1 株式会社AgriInnovationDesign

新型コロナウイルス感染症が再拡大しています。 ビジネスにおいて、「このような危機と正面から向き合う」とは、一体どういうことなのでしょうか。 本当の顧客ニーズに徹底的に向き合う。 お客様にとって本当に必要とされる価値とは何か。 本当に必要とされ…

理念と経営 2020年8月号

定期購読している『理念と経営 2020年 08 月号』から、経営に役立つアイデアやヒントをご紹介します。 特集 「危機と正面から向き合う」 危機を好機に変える経営者「三つの力」

戦略は、死んだ

「戦略は死んだ」 刺激的なフレーズですが、そのとおりだと思う経営者の方は多いのではないでしょうか。 なかには、何をいまさら・・・と思う経営者の方もいらっしゃるかもしれません。 戦略を考え、事業計画をたてても、これだけ大きく環境が変化してしまっ…

コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画/冨山和彦

新型コロナウイルス感染症が再拡大しています。特に、東京での感染者数が多くなっており、昨日は、東京で290名、全国では662名の感染者がでています。 感染者数だけで、4月のように緊急事態宣言が発令され、休業要請が始まるかは分かりませんが、新型コロナ…

令和元年意匠法改正特設サイトと令和元年意匠法改正②

前回の続きです。 今回は、2020年4月1日に施行された令和元年改正意匠法により、 ・これまでと何が大きく違うのか ・今回の意匠法改正をどのようにビジネスに活かすのか について、中小企業経営者向けにお話をしたいと思います。

令和元年意匠法改正特設サイトと令和元年意匠法改正①

2020年4月1日から、令和元年改正意匠法が施行されました。 特許権や著作権、商標権に比べると、これまで出願数も少なく、あまり活用もされていない知的財産権ですが、今回の改正により意匠権による保護対象が拡充し、これまで意匠権を気にする必要がなかった…