理論と実践

知の創造と智慧の実践プロセス

新規事業開発に役立つ書籍

新規事業開発支援の仕事をする上で、このところ参考にしている書籍です。 

☆「キャリアコンサルタント新能力要件」を読み解く
☆ ジャスト・スタート 起業家に学ぶ予測不能な未来の生き抜き方 
☆ Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)
☆ ビジネスアイデア・テスト 事業化を確実に成功させる44の検証ツール
☆ インビンシブル・カンパニー

 

新規事業開発を成功させるためには、成功を定義し、定義した成功を実現するまでやり続けることが必要です。

成功するために不可欠なことは、取り返しのつく小さな失敗を繰り返し、スピード感を持って改善すること。

そして、成功するために絶対に避けなけばならないことは、取り返しのつかないような失敗をしないことです。

取り返しのつかないような失敗とは、具体的には、以下のとおりです。

  1. モチベーションの喪失
  2. 時間切れ
  3. 資金切れ

これらを避けるために、先人の智慧から学び、支援の実態にあったアイデア、ツール、方法を活用して、成功までの道程を短縮することは重要です。

 

 

1. 「キャリアコンサルタント新能力要件」を読み解く

新規事業開発なのに何故キャリアコンサルタント?という疑問が湧くかもしれません。しかし、新規事業開発を成功させるたまには、長期間に渡り様々な障害や予期せぬ出来事が起こります。従って、新規事業開発担当者がモチベーションを喪失せずに、様々な困難を乗り越え、定義した成功までやり遂げるためには、どうすれば良いか?支援者のサポート力が問われます。

そんなときに役に立つのが本書です。タイトルに「新能力要件」とありますが、単なる試験対策本ではありません。

「キャリアコンサルタント新能力要件」を読み解く

「キャリアコンサルタント新能力要件」を読み解く

  • 発売日: 2020/12/30
  • メディア: 単行本
 

 

2. ジャスト・スタート 起業家に学ぶ予測不能な未来の生き抜き方

VUCA*1の時代において、新規事業を成功させる過程は、予測不可能な出来事でいっぱいです。

ほんの少し先の未来さえ見えない、不確実性にあふれた現代社会においては、予測できることは限られています。何が起きるかわからないのであれば、考えるより先にできるだけ早い「賢い一歩」を踏み出す。行動し、リスクを受け入れ、未来を築く。

予測できることは予測し(プレディクション(予測))、予測できないことは賢い一歩を踏み出す(クリアクション(創造×行動))。この両方をどのように使い分けるかを教えてくれます。

 

3. Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

新規事業開発の初期段階においてビジネスアイデアを検討します。その際に、リーンキャンバスを作成してもらいますが、本書は、リーンキャンバスの書き方のアドバイスをする際に参考になります。

また、顧客インタビューの設計や実施の際にも参考になる情報があります。

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

 

 

4. ビジネスアイデア・テスト 事業化を確実に成功させる44の検証ツール

『ビジネスモデル・ジェネレーション』の続編で、ビジネスアイデアが成功するかどうかを判断するための検証ツールを数多く紹介しています。具体的には、「ユーザーにとって魅力的か」「技術的に実現できるか」「経済的にやっていけるか」等を検証する際に参考になります。どんな目的でどのツールを選ぶべきか、何を成功基準とすべきか、ほかのツールとどう組み合わせるかなども含めて詳しく紹介しており、参考になります。。

 

5. インビンシブル・カンパニー 「無敵の会社」を作った39パターンのビジネスモデル

既存のビジネスモデルを改善しつつ、新たなビジネスモデルを模索する企業の実践例を幾つかのパータンに分けて説明しています。 

小さな失敗を繰り返し、新規事業をマーケットに適合させていく過程で、どのようにビジネスモデルを修正していくかを考える際に、参考になります。

*1:Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を並べたもの。ビジネス環境や市場、組織、個人などあらゆるものを取り巻く環境が変化し、将来の予測が困難になっている状況を意味する造語。