情と理のシンセシス

SYNTHESIS OF HUMANITY & THEORY.

経営者こそキャリアデザイン

キャリアデザインというと、従業員などの雇われて働く人が自身の職業人生を自ら主体的に構想し、設計すること、と思われる人が多いと思います。

しかしながら、キャリアとは、狭義の意味でも「職業、職務、職位、履歴、進路」を示すとされており、広義の意味では「職業を中心としつつも、人の生き方そのもの人生に関するもの」とされています。

雇う側か雇われる側かということは全く関係がありません。

そうであれば、経営者にもキャリアデザインは必要です。むしろ、経営者だからこそ、キャリアデザインが必要なのです。

 

「キャリアデザイン」とは何か?

様々な定義がありますが、ここでは「自分の職業を含む人生そのものを自らの手で主体的に構想し、設計し、デザインすること。」とします。

 

良い企業経営を行うためには、「ビジョン」「ミッション」「バリュー」から構成される「経営理念」が必要です。

大企業と比較して相対的に経営資源の少ない中小規模の企業が経営を持続させるためには、良い経営理念を創ることが必要です。

 

 

そして、良い経営理念を創るためには、経営者自身のキャリアデザイン、「自分の職業を含む人生そのものを自らの手で主体的に構想し、設計し、デザインすること」が必要です。

 

作成時点の暫定的なキャリアデザインで構いません。

10年後、20年後、30年後、50年後、そして100年後*1の自分自身のキャリアデザインを描いてみましょう。創業者や経営者が自分自身のキャリアデザインをすることで、自分はこうありたい、こうあるべきという想いから生じる人生観や人間観に基づいた根本の考えがより明確になります。

 

そして、良い「経営理念」の構成要素は、以下の3点です。

  1. 創業者や経営者のこうありたい、こうあるべきだという想いから生じる人生観や人間観に基づく根本の考えから創られていること。
  2. 創業者や経営者が、人生を賭けて実現したいことは何か?この会社は何のためにあるのか?今、私たちは何をすべきか?という問いに答えることができるものであること。
  3. 経営者を含めて、働く人々が、果たすべき使命(ミッション)と、使命を果たした先にある長期的なビジョンが分かりやすく、明確に表現されていること。

 

経営者だからこそ、キャリアデザインが必要です。

 

本書には、50年後、100年後という超長期目標の立案方法やキャリアデザインの方法までは書かれていませんが、長期目標として30年計画の重要性と立案方法が書かれています。

まずは、30年計画を立案してみてはいかがでしょうか。30年計画の立案の際に、本書は、きっと役に立つはずです。

*1:「100年後は生きていない。」という方も、自分が死んで世の中に何が残るか?何を残せるのか?を考えてみましょう。ご自身が亡くなってから、何が未来に受け継がれていくのかを考えることが、100年後のキャリアデザインです。