情と理のシンセシス

SYNTHESIS OF HUMANITY & THEORY.

経営理念Case9 株式会社DG TAKANO

【経営理念】

「世界を、節水する」

 

【会社概要】

創業/2010年(平成22年)

業種/ソリューションカンパニー

資本金/1,000万円

従業員数/20名(グループ合計80名)

本社所在地/東京都台東区

代表取締役社長/高野雅彰

URL/https://dgtakano.co.jp/index.php

 

 

経営理念

「世界を、節水する

 

Our Way

「仕事は邪魔な障害ではなく、人生を充実させるための手段」

 

企業文化

「挑戦する文化」
「変化への寛容性」
「柔軟性と自由」
「アイディア思考」
「目的主導型」 

 

Dream

「我々は、夢が最高のエネルギーであることを知っています」

 

分析

1. 未来のあるべき姿、進むべき方向性を示していること

「世界を、節水する」

分かり易いです。「世界を」というのがビジョンの大きさを物語っており、未来のあるべき姿が想像でき、進むべき方向性を示しています。

 

2. どのように社会に貢献するか明確であること

「節水製品の開発・販売」によって、「世界を、節水」し、社会に貢献することが明確です。

 

3. 戦略・戦術のヒントが見えてくること

戦略・戦術のヒントは、「挑戦する文化」「変化への寛容性」「柔軟性と自由」「アイディア思考」「目的主導型」です。これにより、国籍を問わない優秀な人材を獲得し、課題の本質を見抜き、課題解決策のデザインし、海外展開を成功させる企業に成長しています。

 

4. 迷ったときの判断基準・行動基準になること

「仕事は邪魔な障害ではなく、人生を充実させるための手段」「我々は、夢が最高のエネルギーであることを知っています」は迷ったときの判断基準・行動基準になると思います。少し抽象的ですが、その分、様々な困難や非常事態において、有効に機能すると思います。

 

5. インパクトがあり、覚えやすいこと

「世界を、節水する」は、「世界を」としているところにインパクトがあり、短くてとても覚えやすいです。

目指していることが、社会課題の解決のための製品づくりであることが分かります。

 

高野社長のことば

「社会課題の解決に迫る『行動力』が、革新を生む」

「一度きりの人生ですから、妥協などするのは嫌。我慢するのが大人と言われるものですが、どうして我慢しなきゃいけないんだ。やりたいことをやりたいと思い続けていた。」

「国籍を問わなければ有能な人材が見つかる」

 

ひとこと

「関連特許を片っ端からしらべましたが、技術的に突出したものはないし、大企業の参入もない。節水は有望な市場だと確信しました。」

 

この分析をしてから市場に参入しているところに、経営センスの非凡さと努力を惜しまない情熱を感じます。

また、「国籍を問わなければ有能な人材が見つかる」とは言っても、本当に社員の約7割を外国籍にして結果をだすのは非常に難しいですが、これを実行しているところが素晴らしい。

会社のホームページを見ても、理念を社員と共有していることが伺えます。

ダイバーシティ経営を成功させるための要諦をしっかりと抑えています。

 

『理念と経営 2020年 05 月号』より

理念と経営 2020年 05 月号 [雑誌]

理念と経営 2020年 05 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/04/21
  • メディア: 雑誌