情と理のシンセシス

SYNTHESIS OF HUMANITY & THEORY.

経営理念Case5 株式会社ハブ

【経営理念】

 英国PUB文化を日本において広く普及させるため
 英国PUBを通じてお客様に感動をあたえる
 感動文化創造事業を展開する

 

【会社概要】

創業/1980年(昭和55年) 1998年(平成10年)

業種/英国風PUB事業等

資本金/63,100万円

従業員数/316名(725名)*( )内は平均臨時雇用者数(1ヵ月174時間換算)

本社所在地/東京都千代田区

代表取締役社長/太田剛(2009年就任)

URL/https://www.pub-hub.co.jp/

 

経営理念

 英国PUB文化を日本において広く普及させるため
 英国PUBを通じてお客様に感動をあたえる
 『感動文化創造事業』を展開する

 

ミッション

みんながポジティブになる『場』をつくる会

 

企業文化

正直な経営     「オネスト」を当社の経営の基本姿勢とする
          常に「公平・公正・公開」を心がけ、正々堂々と経営を行う
着実な経営     業態の実力を磨きつつ、着実な成長をめざす
常に変革する経営  「ワイガヤでアイデアを出し合い、すぐに実行する」
          風通しのよい風土を重視し、全員参画で絶え間なく
          イノベーションを生み出す
従業員重視の経営  経営理念を実現する主役である従業員を大切にする

 

事業領域

英国風PUB事業等

 

戦略・ビジネスモデル

「パブ文化の定着」
ドミナント戦略
「キャッシュオンデリバリー」

 

分析

☆強み

1)人・組織
 ①全社員が本場英国のパブを実際に体験している
 ②HUB大学
 ③
経営理念を理解している社員
 ④店舗独立も視野にいれたストアマネジャー(店長)研修
 ⑤経営幹部・経営者研修

2)もの・設備・システム
 ①英国パブ文化のドリンク
 ②英国パブ風フード
 ③スポーツ観戦可能な大型TV
3)ブランド・世界観
 英国風パブ文化

☆弱み

①英国パブ文化を市場浸透させる時間がかかる
②人材育成重視のため出店ペースを加速できない

☆機会

①外国人観光客のインバウンド需要
2020年東京オリンピックパラリンピック

☆脅威

①流行りの新業態との競争
②人口減少
2020年東京オリンピックパラリンピックの開催中止

 

成長戦略の方向性

①インターナルマーケティングによる人材価値の向上
②市場浸透戦略の徹底によるブランド価値の向上

 

太田社長のことば

「店はコピーできても人材はコピーできない」

「本物を見ずに何がわかる。自分がやりたいものが何なのか自分の目で見てこい」(金鹿研一社長)

「本場のパブを体験することで感じるものが、本で知識を得たり、人から話を聞いたりして感じるものの100倍くらいある」

「社員全員に英国のパブを見せたほうがいいと思います。経験しないとわからないことがたくさんあります。かかったお金の何十倍も意味がある投資になるはずです」

「『出店ありき』ではなく、『店長が育った分だけ店舗を増やす』」

 

ひとこと

拡大の誘惑に負けず、英国パブ文化の定着による差別化戦略を実施する企業

面白い戦略ですね。今後、スターバックスのように、そこで働く人たちを含めた「サードプレイス」の構築ができるかが鍵となりそうです。

 

理念と経営 2020年 03 月号より

理念と経営 2020年 03 月号 [雑誌]

理念と経営 2020年 03 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/02/21
  • メディア: 雑誌