情と理のシンセシス

SYNTHESIS OF HUMANITY & THEORY.

経営理念Case3 株式会社ヤナギヤ

【経営理念】

「”おいしい”をつくる機械屋さん Life Creation by YANAGIYA.」

 

【会社概要】

創業/1916年(大正5年)

業種/機械製造業

資本金/10,000万円

従業員数/160名(2018年4月)

本社所在地/山口県宇部市

代表取締役社長/柳屋芳雄3代目(1975年就任)

URL/https://www.ube-yanagiya.co.jp/

 

経営理念

「”おいしい”をつくる機械屋さん Life Creation by YANAGIYA.」

 

ミッション

「オンリーワンの機械づくり」
「相談されやすい企業」

 

企業文化

「お客様の困ったを解決する」
現場抱える”困り事”を徹底的に探し出せ
「やってみろ」

 

事業領域

「機械製造事業」
 製菓、水産練製品、豆腐製造、海苔製造、ペットフード、化学・医薬

 

戦略・ビジネスモデル

「ニッチ戦略」

「オーダーメイド/一台からつくる」

「技術・ノウハウの横展開で分野を超える」

 

分析

☆強み

1)人・組織
 ①代表取締役社長 柳屋芳雄
 ②社員のスキル
 ③自社の技術・ノウハウで掘り起こすことができるかを見極める能力

2)情報・ノウハウ
 ①技術・ノウハウの蓄積と横展開・事業拡大力
 ②情報収集・発信力

3)ブランド
 世界シェア70%超のカニカマ製造機

 

☆機会

少子高齢化・人口減少社会に伴う機械化需要の拡大
②海外市

☆脅威

①主力の水産練製品市場の縮小
②海外市場進出に伴う競争の激化

☆課題

①事業承継
②ニーズ(市場)発見の方法の効率化・低コスト化
主力の水産練製品機械製造に変わる事業の柱の確立

 

成長戦略の方向性

①事業承継による新規事業開発
主力の水産練製品機械製造に変わる事業の柱の確立

 

柳屋社長のことば

「仕事がない、マーケットがないなどということはありません。探せば、宝の山は必ずあります。」

「自分の足であるくことでしょう。歩けば宝の山は見つかります。」

「どの製造現場でも、困っていることがあるはずです。」

「掃除するのに数時間もかかるとか、分解したり組み立てたりするのが容易でないような機械、あるいは使用期間が冬場だけなどと限定され、その期間の雇用を当てにしているパートタイマーさんの仕事を奪ってしまうような機械はてがけません。」

「やらないを一言で言えば、私が面白いと思えないものです。」

未知の分野に手を出すより、『本業の新しい切り口』を探した方が成功しやすい。」

ひとこと

横展開が可能な素晴らしい技術力とノウハウを持った企業

 

理念と経営 2020年 02 月号より 

理念と経営 2020年 02 月号 [雑誌]

理念と経営 2020年 02 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/01/21
  • メディア: 雑誌