情と理のシンセシス

SYNTHESIS OF HUMANITY & THEORY.

キャリアデザイン

不安と恐怖について

キャリアのこれから研究所のWebサイトに、21世紀を代表するキャリアの理論家で、ナラティブアプローチ・社会構成的キャリア理論で有名なマーク・サビカス博士のインタビュー動画が掲載されいます。

経営者こそキャリアデザイン

キャリアデザインというと、従業員などの雇われて働く人が自身の職業人生を自ら主体的に構想し、設計すること、と思われる人が多いと思います。 しかしながら、キャリアとは、狭義の意味でも「職業、職務、職位、履歴、進路」を示すとされており、広義の意味…

さぁ、才能(自分)に目覚めよう

「自分に才能はあるのか?」 どのような仕事を選び、どのように生きていくのかを決めるときに、考え込んでしまうことの一つだと思います。 自分で自分に問いかけても、よく分からないが「才能」です。 そもそも「才能」とはなんでしょうか?